スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子とウィーゴ



6月に発売した「メカトロ・ウィーゴ」を作りました。

児童用ロボットと言う設定を聞いて、ほのぼのとしたヴィネットに挑戦です。



素組の状態でも十分可愛いです。
パーツの左右で区別のあるパーツには切り出した後でもわかるように裏側に「L」「R」と刻印されており初心者でも作れるよう、配慮のなされたキットでした。


さて、工作ですがウィーゴの方は無改造で光沢塗装
女の子の方は素立ちなのでポーズを付けるために両手をモーターツールで削り取り、キット内の男の子の手を付けて髪を押さえているようなポーズにしました。
髪型も少し変更したかったため軽く削り取りエポパテで作りなおしてあります。



そして今回の重要な素材、花です。
花冠といえばシロツメクサなのですが、1/35で作るのは難しいので和光さんの紙創りシリーズの「ヒナギク」をチョイスしました。
紙創りは素材が紙なので水彩絵の具との相性が抜群です。
量が多いのでエアブラシで一気に塗りたいところですが、水彩絵の具で黄、黄緑、濃緑をランダムに筆に含ませながら塗ると自然と葉に個体差がでてきます。



ベースはいつも使っているホームセンターの丸材、一つ190円と安く気軽に使えます。
草(芝?)部分は鉄道模型用の芝シートを丸くカットし使用します。そのままだと芝が整い過ぎているのでピンセットで所々引っこ抜きばらつきを出してあります。

今回はベースが直径8センチと小さく、小スペースにウィーゴ、女の子、ヒナギクを普通に置いただけだと詰まってしまったので片側を1.5センチ高さを上げて斜面にする事で面積を増やしてあります。

花冠は導線を黒染め液で染めた後濃緑に塗装、ヒナギクの花と葉を小さめに切った物で作ってあります。



タイトルの「day's eye」はデイジー(ヒナギク)の語源からとりました。
日の当たる所です。

Twitterにアップした後に自然光バージョンも撮ってみました。
ウィーゴお代わり決定な楽しいキットでした。







スポンサーサイト

静岡ホビーショー!!

久々のブログ更新ですm(__)m
16、17日と静岡ホビーショウにきています!
友人の誘いで始めて参加させていただいたのですが、もの凄い熱量ですΣ(゜Д゜)
そして、模型の神々が普通に歩いてるんです!
なんと言えばいいのか、、、来てよかった!!





Ma.k ルナダイバー 宇宙船ジオラマ②

最近、温かくなったと思えば突然寒くなりますね。体長が崩れやすい次期です。重ねて花粉症もやってきました。

まぁ、さてさて

ジオラマ制作も内側はほぼ形になって来ましたので今日は外側の素材を仕入れて来ました。



外側用に歪まない厚さのプラ板です。そしてこのジオラマを作るのにもう何袋目か分からない5㎜角棒。主に補強に使っています。



こんな風に各面を5㎜角棒2ヶ所で差し込み式にしてあるので面ごとに塗装できます。

タミヤの1/35フィギアは改造して船内の作業員にしようと思います。

そして……

マシーネンファンにはもう部品取り用のキットにしか見えないロッグ・マック!!
今後このログマクポッコリーを多用していきますww



そしてそして船内の工作です。



配管を作りまして



それをトラス構造で覆うと簡単に密度感がまします。



そしてそしてそして電飾も始めました。
ISS(国際宇宙ステーション)のきぼうモジュールの中では全面が壁になっているので上下が判断しやすい用に四隅のライトが下は白色、上は青色になっているそうです。
それを作れればと……試行錯誤中です。

さてさて次回には塗装後でアップできればと思います。

ではまた!

Ma.k ルナダイバー 宇宙船ジオラマ①

ルナダイバージオラマじわじわと工作進んで参りました。



ひとまずサフ状態でアップします。





ごちゃごちゃメカニカル部分の用途ほ全く持って不明です。考えてません!w

大きい物を塗るのは楽しい!!

いきなり完成!妖怪ウォッチ プラモデル

久々の更新でいきなり完成!
バンダイ妖怪ウォッチシリーズのロボニャンです。

友人のZEROさんがメタリックなロボニャンを作っていて影響されて作りたくなりました。
カーモデラーらしい綺麗な光沢とメ タリック塗装、丁寧な仕上がり !!

これは対抗するしかないと思いました。

そして買ってきたロボニャン



800円台……1000円以下で遊べる趣味って実に素晴らしいですね(笑)



工作は部分的にリューターで深い傷をつけ、全体にも細かく浅い傷を付けスポンジヤスリで傷の角を丸めます。
こうすることで鉄板がへこんだり曲がったような見た目になります。
耳はかけた部分を削り取り、フレームらしき構造を追加しました。

と……工作途中の写真はこれしか撮ってなく、、、いきなり完成です。











塗装は
黒サフ→レッドプライマー→ヘアスプレー→基本色(濃紺)→剥がし→錆色①(レッドブラウン+艶消し)→ ローライト(艶消しブラック+ブラウン)→段階的にレッド+イエローを足しながら錆の色に変化をつけていく→ウォッシング→ウェザリングマスターのステインブラウンで雨垂れ、染み汚れを書き込んでいく→パステルという感じです。

このロボニャンを塗っている間、色んな錆を見るために歩道の鉄柵から公園の遊具までいろいろ見て写真を撮っていました、完全に変人でした 笑

錆錆モデル……ハマりそうです

それではまた近々、次はファイアボールジオラマで(о´∀`о)
ではまた!
プロフィール

タニグチ

Author:タニグチ
長野県松本市在住、模型サークルMJMC(松本JMC)に所属
「雑食です」と言いながらマシーネンクリーガーばかりを作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。